事務職採用の外資系保険会社求人

外資系保険会社転職TOP >> 条件別 >> 事務職採用の外資系保険会社求人

事務職採用の外資系保険会社求人

保険会社の事務職は日本の保険会社と外資系の保険会社とでは、業務内容には大きな違いはありません。保険会社の事務職はどちらも基本的には保険に関するお客様からのお問い合わせや、営業が取ってきた新規保険の契約書のチェックや実際に契約処理を行う計上などを行います。さらに契約したお客様の保険料の収納や、お客様への保険金の支払いなどの業務も行います。また保全と呼ばれる契約の内容変更や、解約を希望される場合にはその解約の事務処理をします。

保険商品によっては解約返戻金を支払う必要があったり、保険金の支払いも生命保険と損害保険では事務処理では異なってきます。保険業法では生命保険は第一分野の保険で死亡した場合に保険金が支払われ、損害保険は第二分野の保険と呼ばれ交通事故など、偶発的な事故によって起き得る損害に対して支払われます。この他にも傷害保険や医療保険など第三分野の保険と呼ばれ怪我や病気や、これらが原因で亡くなった場合に支払われ保険があります。

また保険法では保険も損害保険・傷害疾病損害保険・生命保険・傷害疾病定額保険の、4つの種類に分類されそれぞれの契約に応じて事務処理が異なっています。特に損害保険の場合は事故などで不当な利益を得ることを防ぐために、実損払いと呼ばれる被害金額が保険金として支払われます。第三分野の保険の保険金の支払い方も傷害疾病損害保険と傷害疾病定額保険では異なり、傷害疾病損害保険は怪我や病気で通院したり入院した実際の費用が支払われます。一方の傷害疾病定額保険では怪我や病気で通院したり入院した場合でも、最初に契約した金額が支払われます。

日本の保険法では第三分野の保険を生命保険会社や損害保険会社が取り扱うことはできますが、生命保険会社が第二分野の保険商品を取り扱ったり損害保険会社が第一分野の保険商品を取り扱ことはできません。このように保険会社の事務の業務内容も、生命保険と損害保険では事務処理が異なってきます。業務内容だけでなく外資系保険会社の社風や考えた方も日本の保険会社では異なり、日本の保険会社の中には採用した事務職やその家族や親戚にまで、自社で取り扱っている保険商品の加入を強制するところもあります。

しかし外資系保険会社にはそんな考えはなく、あくまで事務職としての能力やスキルが求められます。もし外資系保険会社の事務職に転職を考えているのであればこのサイトに掲載されている、リクルートエージェントなど上位の転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者が外資系保険会社の求人の紹介だけでなく、社風や採用基準まで詳細に教えてくれます

外資系保険会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2022 外資系保険会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.