激務でない外資系保険会社求人

外資系保険会社転職TOP >> 条件別 >> 激務でない外資系保険会社求人

激務でない外資系保険会社求人

日本経済新聞社が2014年の春に卒業予定の大学生を対象に、就職を希望する企業を調査したところ、第1位から10位まで大手保険会社やメガバンクなど全てが金融機関でした。第1位に日本生命保険がランクインし2位が東京海上日動火災保険で、3位に第一生命保険が選ばれ、5位に三井住友海上火災と10位に明治安田生命保険と、ベスト10までに半分の5社が保険会社でした。一方でこれまで常に上位にランキングされていたトヨタ自動車やホンダなどの自動車メーカーや、ソニーやパナソニックなどの家電メーカーの人気低迷ぶりが目立っています。

例えば業績が良く常に学生にも人気があったトヨタ自動車は41位でホンダなどは83位と散々で、ソニーも60位でパナソニックも77位とこちらも目を覆いたくなるばかりの結果でした。さらに学生に人気がある航空会社や旅行会社もANAグループが11位で、旅行会社もジェイティービーが19位と全てベスト10にも入っていません。自動車メーカーや家電メーカーの人気低迷の背景には業績が回復したとは言え円高や、海外の企業との価格競争で大量のリストラ者を出したりしたことが大きく影響しています。

もう一つの要因としては自動車メーカーや家電メーカーに本人が就職したいと思っていても、大学生の親が海外の企業との競争が厳しいメーカーは激務なので、リストラもなく給料もそこそこに良い保険会社など金融機関に人気が集中したと考えられます。確かに金融危機も去って業績を大きく回復させた、金融機関は安定しているように見えるかもしれません。その一方で家電メーカーの凋落ぶりを目の当たりにしている学生たちにとっては、業績が回復した自動車メーカーも安定企業には思えないようです。

大学生の安定志向と激務な企業を避ける傾向はここ最近では特に顕著で、就職活動で離職率を調べたり企業調査を積極的に行っています。大学生だけでなく転職先として人気があるのが、外資系企業で外資系の保険会社もその中の一つです。外資系企業にはサービス残業などは存在せず、仕事とプライベートのオンとオフが明確です。もし激務でない外資系保険会社求人を探されているのであればこのサイトに掲載されている、リクルートエージェントなど上位の転職エージェントに登録されることをお勧めします。

転職エージェントの担当者が希望される外資系保険会社の求人の紹介だけでなく、仕事ぶりから社風や採用基準まで全て無料で教えてくれます

外資系保険会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2022 外資系保険会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.