高収入の外資系保険会社求人

外資系保険会社転職TOP >> 条件別 >> 高収入の外資系保険会社求人

高収入の外資系保険会社求人

外資系保険会社の社員は高収入であるとよく言われます。実際に求人をチェックしてみますと日本のサラリーマン年収の2倍・3倍の収入を得ている方も少なくありません。ただし、外資系保険会社の年収や給料については、個々の社員によってその額は違ってきます。それは基本査定が成果主義・能力主義によるからです。例えば外資系保険の営業マンであれば、ずばり契約率・契約額に応じた報酬が提供されます。つまり成績の良い社員は高収入になりますが、売上げのほとんどない社員は逆に低い収入になってしまうのです。また、業績を上げる事が出来ない社員はすぐにリストラの対象となるデメリットもあるので、ハイリスク・ハイリターンな職場だと言えるでしょう。

そういった意味で、外資系保険会社では成績やノルマが強く求められます。設定値も日本のレベルと比べるとかなり厳しいと考えるべきでしょう。この点は営業職でなくても同様です。外資系保険会社での人事はシビアです。もし管理職の者が会社の利益にそぐわない仕事振りをしていれば、すぐに管理職から平社員に降格するケースも見られます。反対に入社早々実のある仕事ぶりを発揮する事で昇格する事も珍しくありません。

これは給料に直結した事ですので、どなたにも高収入への道は開けていると同時に、減給や降格のリスクは絶えず考えておく必要があるという事です。このように、外資系保険会社はシビアな世界で、日本の保険会社とは違ってエスカレーター式に順繰りと上に挙がっていく事は望めません。例えば今月の成績がかなり悪かった場合、それを勉強として猶予期間を与えて以後を見守るという社員教育のスタンスを採りません。使えないと判断されれば、いとも簡単にクビにされてしまう事もあります。

また、給料やボーナスが日本の保険会社よりも高い設定になっている反面、住宅手当や家族手当といった福利厚生面のバックアップは小さくなります。ざっくりと計算をすれば、日系の保険会社の給料より20%ぐらいの割り増し率でなければ、全体の収入がアップしているとは言えない事も知っておくと良いでしょう。そういった意味では、実際の金銭に表れていなくても日系の保険会社にもメリットがあるのです。この点は、転職希望者の方々の判断によるところでしょう。即金で報酬を得るか、蓄積型で長期に報酬を得るかの違いでもあります。ただし、最近の日本企業では退職金や年功序列式の雇用を廃止してきていて、だんだん外資系モデルに変わりつつあるのは確かでしょう。

外資系保険会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2022 外資系保険会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.