40代の外資系保険会社求人

外資系保険会社転職TOP >> 条件別 >> 40代の外資系保険会社求人

40代の外資系保険会社求人

終身雇用や年功序列などの独自の雇用制度がある日本で、いまリストラの対象に上がっているのが40代のビジネスパーソンだと言われています。これらの雇用制度が崩壊しつつある日本ですが40代や50代の世代は、一流大学を卒業して大企業に就職できればそれである意味で一生が保障されていました。しかしいつからか日本もグローバルの荒波に巻き込まれ、企業も経営の舵取りが難しくなってきました。2008年にアメリカで起きたリーマンショックの悪影響は世界中に及び日本も例外ではなく、保険会社を初めとする金融機関では40代や50代の中高年の社員を容赦なくリストラしました。

その後もソニーやパナソニックなどの家電メーカーも、韓国や中国など海外のメーカーとの熾烈な価格競争に敗れ、優秀なエンジニアが会社を去り海外のライバルメーカーに転職していきました。企業も生き残っていくためとはいえ数多くの優秀なエンジニアをリストラしたため、テレビや半導体分野では海外のメーカーに完全に遅れを取る結果となりました。日本で40代の方々が置かれている立場はとても微妙で、将来に部長のポストに就ける人材以外は全員リストラの対象に上がっているとも言われています。

これは終身雇用や年功序列などの恩恵を受けているこの世代は、能力や実績の割りに給与や年収が割高だからです。自分では給与や年収が低いと思っていても、会社にしてみれば20代や30代の若い世代と同じような能力や実績であれば、もっと給与や年収が安い若い世代を採用するのも当然の話です。40代で転職するのであれば若い世代にないような、スキルだったり経験が求められます。その点でいま注目を集めているのが外資系企業で、実力があれば能力主義や成果主義なので自分の仕事がそのまま給与や年収に反映されます。

外資系保険会社でも優秀な人材を求めていて転職して数ヶ月で、給与が大幅にアップしたり重要なプロジェクトを任されたりした40代の方もたくさんいます。外資系企業に転職したいと思っていても英語が苦手だったり、語学力に不安を抱えている方もいるかもしれません。そんな方はこのサイトに掲載されているリクルートエージェントなど、上位の転職エージェントに登録し担当者に相談されてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの担当者が外資系保険会社の求人の紹介だけでなく、英文での応募書類の添削や書き方から英語での擬似面接まで全て無料で行ってくれます。

外資系保険会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2022 外資系保険会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.