30代の外資系保険会社求人

外資系保険会社転職TOP >> 条件別 >> 30代の外資系保険会社求人

30代の外資系保険会社求人

30代での転職も30代前半と30代後半では、企業が求めるものも随分と違ってきます。30代前半であればそれまでの経験や実績が評価されるだけですが、30代後半であればそれプラスアルファで管理能力が問われます。これは30代後半になれば係長や課長などの管理職になれる資質がなければ、例えどんなに経験や実績があっても企業もその人を採用するのを躊躇します。つまり30代前半であればプレーヤーの資質があればそれだけで十分ですが、30代後半であればプレーヤーと監督を兼ねる必要があります。

2013年4月1日から希望すれば誰でも65歳まで働けるようになり実質的に65歳定年になりましたが、実は2012年の野田政権で行われた政府の国家戦略会議のフロンティア分科会で40歳定年が真剣に協議されたのです。このフロンティア分科会は2050年の日本の将来の、ビジョンを検討するもので東京大学の大西隆教授が座長を務めました。しかしなぜ40歳定年説が飛び出し、政府で真剣に議論が行われたのでしょうか。この40歳定年説は決して全ての企業で定年を40歳にするという内容ではないのですが、人材の新陳代謝を促し労働者がいつでも学び直しができる環境を作る目的で議論されました。

このサイトに掲載されているリクルート社にも、以前は38歳定年制と呼ばれる人事制度が存在していました。これは38歳で定年になるわけではなく、38歳で辞めると退職金の金額が最も多いのです。リクルート社では社員のことを考えて38歳は、自分で起業したり独立するのに最適な年齢だと判断したからです。確かに40歳定年説も38歳定年制も一理あり転職で、大きく飛躍する可能性を秘めているのは間違いありません。特に最近では外資系企業に転職する30代が増えていますが、これは日本の企業とは違い外資系企業では能力主義や成果主義なので、営業職などは大幅な年収アップが図れるからです。

実際に30代で外資系保険会社の営業職に転職して、年収がこれまでの何倍になったなどよく聞きます。営業職に限らず外資系企業では能力や成果次第では転職して短期間で、年齢や性別に関係なく重要なポストに就くこともあります。30代の方でもし外資系保険会社の求人に興味があるのであれば、このサイトに掲載されているリクルートエージェントなど、上位の転職エージェントに登録されることをお勧めします。転職エージェントの担当者があなたが希望するような職種の外資系保険会社の求人の紹介は勿論のこと、英文での応募書類の添削から英語での面接のアドバイスまで全て無料で行ってくれます。

外資系保険会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2022 外資系保険会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.