外資系保険会社の離職率

外資系保険会社転職TOP >> 外資系保険会社の転職の基礎 >> 外資系保険会社の離職率

外資系保険会社の離職率

離職率とは企業で働く従業員で辞めていった人の割合を表す数字で、厚生労働省が定期的に行っている雇用の動向調査などを基に算出されます。入社から3年以内に離職し第二新卒と呼ばれる若者の数は、中卒で約6割で高卒で約4割で大卒で約3割弱です。1995年から2005年までは第二新卒者の数も中卒で約7割で、高卒で約5割で大卒で約3割と増加の一途で「7・5・3」などと呼ばれ社会問題にもなっていました。しかしここ何年間は第二新卒者の数も、減少傾向が続いています。

ただこれまではどの業種の離職率が高いのかを示すデータについてはなかったのですが、2012年10月31日に厚生労働省が初めて入社から3年以内に離職した人の割合を業種別に発表しました。それによると大卒で離職率が最も高い業種は教育産業や、学習支援業やホテルなどの宿泊業や飲食サービス業でいずれも48%でした。逆に離職率が最も低かった業種は鉱業および採石業の6%で、電気・ガスなどのライフライン産業が7%で製造業が15%でした。

では外資系保険会社の離職率は、どうなっているのでしょうか。保険会社に限らず外資系企業の離職率は日本の企業に比べるとかなり高く、入社して3年目には同期メンバーが一人もいないことも特に珍しいことではありません。業種に関係なく外資系企業の離職率は、50%を超えていると言われています。外資系保険会社の離職率は公式には発表されていませんが、営業などは年収も高い分だけノルマもきつく会社を辞めていく人も少なくありません

営業でなくても外資系の保険会社で働く場合は年齢や性別に関わらず誰にもチャンスがある一方で、ノルマが果たせなかったりすれば朝から上司に呼ばれてそのまま荷物をまとめる覚悟は必要です。そのため外資系保険会社に転職するのであれば目的をはっきりさせ、どういうキャリアプランを立てるかをしっかり念頭に置くべきです。ただ外資系保険会社でも全ての会社の離職率が高いわけではなく、同じ会社でも職種によっても離職率も随分と違ってきます

もし外資系保険会社への転職を考えていて離職率が気になる方は、このサイトに掲載されているリクルートエージェントなど上位の転職エージェントで探してみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者が外資系保険会社の求人の紹介だけでなく、離職率や社風や採用基準などについても詳細に教えてくれます。せっかく転職するのであれば、離職率が低い会社を選ぶことも大事です。

外資系保険会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2022 外資系保険会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.