外資系保険会社の退職金

外資系保険会社転職TOP >> 外資系保険会社の転職の基礎 >> 外資系保険会社の退職金

外資系保険会社の退職金

退職金制度は終身雇用という独特の雇用制度が存在する日本では、従業員にできるだけ長く勤めて欲しいと企業が考えたものです。また退職金は賃金の後払いなのでもし退職金制度がある会社に勤めていて、その会社が万がいち倒産した場合には退職金は未払賃金の立替払事業の対象となります。ただ退職金制度は法で定められた制度ではないため近年では退職金制度を廃止したり、最初から導入していない企業もたくさんあります。また中にはパナソニックのように退職金を、希望する従業員だけが選択できる企業も存在します。

退職金制度は日本独自の制度であるため、海外ではこのような制度はほとんど存在しません。日本では退職金制度を廃止したりしている大手企業もありますが、国内の企業の約8割が退職金制度を導入しています。さらに退職金制度を導入していない企業でも約3割弱のところが、退職金制度の導入を検討していることも分かっています。退職金制度を導入している企業の半数以上が、その理由として他の会社が導入していることを挙げています。その他の理由として多いのが良い人材の確保や従業員のやる気を上げたり、離職を防ぐ効果があり従業員が長く勤めてくれると回答している企業が多いようです。

ただ最近では年功序列や終身雇用という雇用制度が崩壊しつつある日本では、転職を考えている方が増え人の流動化が進み雇用制度のあり方そのものが変化してきています。また退職金も企業によって計算方法が異なるため、退職金の金額にも随分と開きがあります。さらにリストラを行う際も会社都合の退職の場合は退職金も高いのですが、もし自主都合での退職の場合は退職金の金額も低くなります。また大手企業などでは早期退職に応じた場合は退職金を増額するなど、退職のケースによっては支給される退職金の金額も異ってきます。

外資系保険会社の場合は社員の勤務年数があまり長くないこともありますが、成果主義や能力主義なので退職金ではなく給与や年収に反映されます。退職した後に安定した老後を過ごすために退職金制度がある会社に転職を考えている方もいますが、給与の後払いでもある退職金制度が今後いつまで続くかは不透明です。外資系保険会社の場合は海外の本社の、就業規則に準じているので退職金制度がないところが殆どです。

それでも全ての外資系保険会社に退職金制度が存在しないわけではなく、もし退職金制度がある外資系保険会社を探しているのであれば、このサイトに掲載されているリクルートエージェントなど上位の転職エージェントで探してみてはいかがでしょうか

外資系保険会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2022 外資系保険会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.