外資系保険会社の自己PR

外資系保険会社転職TOP >> 外資系保険会社の転職の基礎 >> 外資系保険会社の自己PR

外資系保険会社の自己PR

転職したくても求人が少なくて様子見だった人も、安部総理が推し進める経済政策の効果で景気が好転し、新卒だけでなく中途採用を積極的に行う企業も増えてきました。また最近では基本的に数字で評価される、実績主義の外資系企業への転職を希望する人もたくさんいます。外資系企業は頑張れば頑張った分だけ、給与に反映されるので働き甲斐があるのは間違いありません。日本の企業の場合は完全歩合の営業職を除いては、どんなに頑張って業績を上げてもそれがそのまま自分の給与に反映されるということはありません。

また日本の企業であれば同僚や上司が残業をしていれば、自分だけが先に帰宅するのは抵抗があります。しかし外資系の企業では成果主義なので、同僚や上司が会社に残っていても帰宅するのは自由です。外資系企業の多くは早目に仕事を済ませて帰宅するのが普通で、日本の企業のように上司が残っているので帰宅できないことなどはあり得ません。ただ外資系でも銀行や証券会社などの金融関係は本社が外国ですから、為替がスタートする時間の関係で残業になってしまったりします。

その点では外資系保険会社の場合はあまり為替に、影響を受けることもなく残業も少くないのが一般的です。それでも外資系保険会社も日本の保険会社と同様に安部政権の成立後は、業績を大きく伸ばしていて以前と比べると残業がないとは言い切れないのが現状です。さらに管理職になれば日本の保険会社以上に働く場合も多く、年俸制を採用している外資系保険会社では残業代も支給されません。営業職なども朝早くから夜遅くまで働いていて、新規成約につながるのであれば何時までも仕事している営業も少くなくありません。

外資系保険会社への転職を考えている方の場合は日本語の履歴書と職務経歴書だけでなく、英文のレジュメの提出を求められることもあります。履歴書には必ず自己PRの欄がありますが、日本語でも自己PRの書き方がよく分からないと悩む人もいます。中には英文のレジュメが必要なかったり、英語での自己PRをしなくてもいい外資系保険会社もありますが、英語でこれまで何をやってきたのかや、採用されれば自分に何ができるかや、会社にどのように貢献していきたいかをアピールする必要があるところもあります。

ただもし日本語であっても自己PRの書き方や面接での自己PRに不安を感じるのであれば、このサイトに掲載されているリクルートエージェントなど上位の転職エージェントに登録されることをお勧めします。転職エージェントの担当者が外資系保険会社の求人の紹介だけでなく、自己PRの書き方や面接での自己PRについても詳しく教えてくれます

外資系保険会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2022 外資系保険会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.