外資系保険会社の年収・給料

外資系保険会社転職TOP >> 外資系保険会社の転職の基礎 >> 外資系保険会社の年収・給料

外資系保険会社の年収・給料

外資系保険会社の年収や給料ですが、職種によってもかなり違ってきます。外資系保険会社は日系の保険会社と比べても全体的にも年収や給料が高いのが普通ですが、外資系保険会社の場合は成果主義や能力主義なので営業ならば、成績やノルマがかなり厳しいと考えた方がいいでしょう。日系の保険会社でも営業職は成果主義や能力主義を採用していて、新規顧客の契約を取ればそれが給料に反映されます。外資系企業も高年収というイメージがあり特に営業職は他の職種とは違って、業績に応じて給与が高くなることが多いのが普通です。

ただ外資系保険会社の営業は給料に反映される割合が大きい分だけ、業績がなかなか上がらなければ即リストラになったりします。営業職でなくても外資系保険会社ではある日突然に管理職から平社員になったり、逆に平社員から管理職になることも日常茶飯事です。営業職だけでなく年収や給料も日系の保険会社とは違い、エレベーターのように上下するのが一般的です。また日本の保険会社のように今月の成績が悪くても来月頑張ればいいとかという考えもなく、使えないと判断されればあっさりとクビになってしまう可能性もあります。

さらに外資系保険会社の多くは日系の保険会社と比べると通勤手当や、住宅手当や家族手当などの福利厚生面はかなり劣ります。その分だけ年収や給料が高いというのが殆どなので実力がある営業でなければ、日系の保険会社と比較して10〜20%程度くらい高いのであれば日系の保険会社とあまり変わりません。そのため年収や給料だけで外資系保険会社に、転職するのであればよく考えて行動を起こすべきです。ただ外資系保険会社には年収や給料だけでなく、日系の保険会社にはたくさんのメリットがあります。

例えば外資系保険会社の場合は年齢や性別に関係なく業績さえ上げれば、給料にはあまり反映されなくても高額なボーナスが約束されます。日系の保険会社のように会社がいくら業績がよくても、それが社員にはなかなか反映されないことなどはありません。また日系の保険会社では多忙な時は残業するのが当たり前ですが、外資系保険会社の場合はできるだけ残業はしないように配慮されています。いいことばかりでなくデメリットもありますが外資系保険会社への転職に興味がある方は、このサイトに掲載されているリクルートエージェントなど、上位の転職エージェントで探してみてはいかがでしょうか

外資系保険会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2022 外資系保険会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.