外資系保険会社の年金

外資系保険会社転職TOP >> 外資系保険会社の転職の基礎 >> 外資系保険会社の年金

外資系保険会社の年金

外資系の会社に就職する際の心配な点としては、雇用形態の内の福利厚生についてです。特に年金制度への加盟や退職金制度に関しては事前に調べておかなければならないかもしれません。外資系保険会社では基本的に交通費の支給はありますが、それ以外の手当や福利厚生が薄い傾向があります。

その理由は、そもそも福利厚生に関しては日本の制度として国内企業が準ずるもので、外国の会社にとっては遵守する義務がないと言うのがもっぱらな理由でしょう。その分給与形態は厚遇されていますし、実力を示せば高い利率のボーナス・賞与がなされます。逆に毎月の給料が変動しやすい環境にあり、実力が発揮できなければ減給の措置もなされる弱肉強食の世界だと言えます。特に外資系保険会社は能力給がベースですので、能力に自信の無い方は慎重に選ぶべきでしょう。

とは言いましても、日本国内で法人営業をする場合に健康保険・厚生年金保険・労災保険・雇用保険の4種類の公的保険に原則強制加入が義務付けられています。日本で事業する会社であれば、例え外資系でもこの法律に準ずる必要があるのです。ですから、外資系保険会社へ就職しても年金加入はなされます。もし、この社会保険・労働保険に加盟できない場合は、それ自体が問題ですので応募しないようにすべきでしょう。

その点で大手の外資系保険会社では、間違いなく厚生年金の加入が可能ですので心配は要りません。ただし、社会保険・労働保険の手続きは煩雑です。また制度そのものが大変複雑です。そこで手続き等に手間取って、利用開始が遅れるケースはまま見られます。その点は理解を示す必要もあるかもしれません。つまり、国民健康保険からの切り替えや、国民年金の繰り替えにはタイムラグも考えておくという事です。

また退職金に関して、外資系保険会社で設定している企業がほとんどない事を知っておきましょう。その分給与が高いのですから、定年までの給料トータルなどと比較して計算するべきかもしれません。もちろん、日本企業でも退職金制度を止めてしまった会社も多くあります。基本的に給与が良い外資系でしかもちゃんと能力給を支給することで、福利厚生に関して気にしない方は少なくなりません。一般的に日本企業の雇用条件は世界レベルで見ても優遇性が高いと評価を受けています。それは日本人の特権ですが、一方で弊害も生んでいます。そこで毎月の給与を選ぶか、長期展望の安心を選ぶかはそれぞれ個人の判断にゆだねられています。

外資系保険会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2022 外資系保険会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.