外資系保険会社の志望動機

外資系保険会社転職TOP >> 外資系保険会社の転職の基礎 >> 外資系保険会社の志望動機

外資系保険会社の志望動機

履歴書の志望動機の欄が上手く書けなかったり、面接でも自己紹介が終わったら志望動機を、必ずと言っていいほど訊かれます。外資系保険会社の志望動機に日系の保険会社にはない自由な社風や、日本企業にある独特な息苦しさがないなどと書く人もいます。また中には外資系保険会社の場合は成果主義や能力主義なので、日系の保険会社と比べてちゃんと評価してくれるからと志望動機を書く人もいます。確かに外資系の保険会社は仕事さえきちんと行えば、日系の保険会社のようにあまり社則もうるさくありません。

また外資系の企業では会社は仕事をするだけのところという考えが普通で、仕事が終わってからでも同僚と一緒に食事や飲みに行くことなど殆どありません。そのため社内の人間関係が嫌で、外資系の保険会社に転職する人も少なくありません。しかし気を付けないといけないのは転職の際の志望動機に本音を書いたり、御社の自由な社風や将来性に魅力を感じてなどおべっかいを書くのは控えることです。履歴書の志望動機の欄や面接で外資系の保険会社の人事担当者が知りたいのは、あなたがこれから会社で何をやりたいかということなのです。

もちろん社風や休みや残業の有無や給料などの条件面も大事ですが、志望理由はあくまで応募した企業の事業内容や仕事に魅力を感じたと答えるのが望ましいでしょう。もしそうでないと条件面がいい他の会社があれば、また転職するのではと人事担当者が思ってしまいます。外資系の企業は条件面が良ければ日系の企業と比べても簡単に転職するが多いのも事実ですが、良い人材であればできるだけ長く勤めて欲しいと思うのも当然です。もし条件さえ良ければどこの外資系保険会社に、応募しても良かったと思われかねません。

志望理由はその企業でなければいけない理由を書くべきで、そのためには応募する企業の調査や研究が欠かせません。せっかく素晴らしい才能や実績があっても、志望動機の書き方を間違うと不採用になってしまうこともあります。逆に志望動機でライン上の人が採用を勝ち取ることもあるので、志望動機はあなたの本気度や強い意志を判断するための大事な項目であることを忘れないことです。もし外資系保険会社への転職を考えている方はこのサイトに掲載されているリクルートエージェントなど、上位の転職エージェントで探してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの担当者が志望動機の書き方や、外資系保険会社の求人の紹介など全て無料で行ってくれます。

外資系保険会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2022 外資系保険会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.