外資系保険会社のヘッドハンティング

外資系保険会社転職TOP >> 外資系保険会社の転職の基礎 >> 外資系保険会社のヘッドハンティング

外資系保険会社のヘッドハンティング

一時期ヘッドハンティングと言う言葉が世間でよく使われていましたが、ヘッドハンティングとは外部から優秀な人材を引き抜くことです。アメリカでは重役などの上級管理職や、時にはトップの社長でさえヘッドハンティングされます。映画やテレビドラマの世界でしか見たことがない方には、このヘッドハンティングはあまり馴染みがないかもしれません。しかし実は日本でもヘッドハンティング会社のヘッドハンターや、転職エージェントの担当者がヘッドハンティングを盛んに行っています。

ただ日本ではこのヘッドハンティングはまだまだ一般的に浸透していなく、アメリカのように多額の報酬で企業の社長や重役を引き抜くことは珍しいことです。それでも管理職にある日とつぜんヘッドハンターから電話が掛かって来て、好条件で転職を勧められることは少なくありません。これは上級管理職の求人はいろいろな意味で会社に影響を与えるので、転職エージェントのサイトでもオープンな求人案件ではなく非公開情報として扱われています。そのため企業が非公開の求人案件として転職エージェントに依頼したり、ヘッドハンティング会社に依頼したりします。

日本では外資系企業が主にヘッドハンティング会社を行ってきましたが、最近では日本企業でもヘッドハンターを使ってヘッドハンティングを行っています。日本で活躍しているヘッドハンターの数ですが、少なくとも1000人はいると言われています。ヘッドハンティング会社の業界規模も200億円以上はあり、外資系保険会社でも実際にヘッドハンティング会社に依頼し人材の引き抜きを行っています。転職エージェントにも転職を希望している方が登録する方法と、ヘッドハンターが優秀な人材を探し出してスカウトするチームが存在する場合もあります。

これまではヘッドハンティングの依頼をするのは殆ど外資系企業でしたが、近年は日本企業でもヘッドハンティングの依頼を行い優秀な人材を求めています。それでもヘッドハンティングの依頼を行っているのは外資系企業が多く、外資系保険会社でも優秀な人材のヘッドハンティングを依頼しているところはたくさんあります。それと同時に行っているのが転職エージェントに非公開案件としての掲載で外資系保険会社の求人も、このサイトに掲載されているリクルートエージェントなど上位の転職エージェントには好条件の求人案件が非公開ですが存在します。

もし外資系保険会社に転職を考えているのであればこれらの転職エージェントに登録するだけで、転職エージェントの担当者があなたに外資系保険会社の非公開情報を紹介してくれます。

外資系保険会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2022 外資系保険会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.