外資系保険会社で働くデメリット

外資系保険会社転職TOP >> 外資系保険会社の転職の基礎 >> 外資系保険会社で働くデメリット

外資系保険会社で働くデメリット

外資系保険会社で働く事のメリットはいろいろとあって、実力主義でリラックスした職場環境などが評判ですが、その反面デメリットとなっている要素もあります。その点もしっかりと理解して転職に臨むと良いでしょう。では知っておくべきデメリットについてチェックしてみましょう。

外資系企業と聞けば、無条件で高給取りのイメージが湧いてくるでしょうが、実際には高いケースと安くなってしまうケースとまちまちなのです。また雇用リスクが高いという事もあります。外資系保険会社ではノルマに対する縛りが強く、これは営業マンには辛いハードルとなります。それで業績が届けば高報酬となり、業績が悪ければあっさりと給料カットになるでしょう。そして利益にならない社員は簡単にリストラされる傾向があるのです。外資系の会社では優秀な社員に育てるといった悠長なスタンスで社員には接してくれません。

そういったシビアさが能力の低い社員には辛いハードルとなるのです。また日本市場から撤退する場合は、いきなり無職へと放り出される危険性もあります。日本企業が倒産する場合はある程度のインターバルを取って、社員の転勤先のあっせんをするなどの親切心を示しますが、そういった気遣いを期待する事はできないでしょう。外資系企業の場合は、日本ほど解雇制限なども厳しくありませんので、リストラは日常的に行われる普通のことなのです。

また強制解雇の理由についても知っておくべきでしょう。自分の実績が悪くて解雇されるならばまだしも、会社の業績悪化を改善するために、まず支社の人員整理を行う事はよくあります。先のリーマンショックでは、多くの外資系企業が日本支店の社員を強制解雇しました。それまで年収数千万円をもらっていた優秀な社員でも無職になった事例があるのです。ですから、外資系企業で働くならば、日頃から減給やリストラに備えて貯蓄をするぐらいの配慮が必要かもしれません。外資系の職場はフランクな関係で、人間関係もさっぱりしているので良いのですが、その反面上記の様な非情さも併せ持っているという事です。

また、人事の入れ替えが激しい事もデメリットと言えるかもしれません。上司や部下が短期間で入れ替わるので、それに応じて仕事のやり方が変化する事もあります。また、直属のボスが変われば、今までの自分への評価も簡単に変わってしまいます。このような職場環境は働く者にとってはストレスになり得ます。他にも日本の慣例と違う点は多々ありますので、その点は理解するべきでしょう。

外資系保険会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2022 外資系保険会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.