外資系保険会社向け転職エージェントランキング

外資系保険会社への転職には転職エージェントがおすすめ

アクサ生命保険やアメリカンファミリー生命保険など、外資系保険会社への転職をお考えなら、まずはしっかり業界の知識を得ることが大事です。その上で自分の適正にあった企業を選択しましょう。

リクルートエージェントなら専門のスタッフがカウンセリングしてくれますので、客観的に適正を診断してくれます。外資系保険会社もちろん外資系保険会社の求人も粒ぞろいですので、転職の際には是非ご登録をおすすめします。

外資系保険会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
まず一つ目がリクルートエージェントです。ここは就職情報会社の草分けであるリクルートが運営するエージェントであるという事で、それだけに各業界からの信頼性は高く、非公開による外資系保険会社からのオファーも豊富です。また転職をサポートしてくれるプロのスタッフはどなたも実績と実力を兼ね備えていて、求人依頼をする方々の能力を過不足なくアピールしてくれます。ですから、ハイクラスな転職を狙っている方には適したサイトです。



マイナビエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
そして次にマイナビエージェントがあります。ここは面接対策のレクチャーや書類選考通過のノウハウを徹底してアドバイスしてくれることで有名な転職エージェントです。学歴や過去の実績を重視しない外資系保険会社に対して、実践的なサポートが期待できるエージェントです。そこで、資格や経験上では活躍できる自信があるのだけれども、どうも面接でのアピールなどが苦手だという方はマイナビでサポートを受けると良いでしょう。



type転職エージェント 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
またtypeも実績の高いエージェントです。ここのキャリアアドバイザーは業界・職種ごとに専門分けされていて、その業界に深く精通している点が特徴です。もちろん外資系保険会社にも太いパイプがありますから、条件の良い非公開の求人をいくつも引っ張ってくる事ができます。特にスキルマッチングには定評があり、転職希望者にベストチョイスの転職先を紹介してくれるのです。また女性の転職サポート力も高い点は注目に値します。




キャリコネ 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
近年、メキメキと頭角を現してきたのがキャリコネです。ここは各企業のビジネスマンが口コミを寄せる人気の転職エージェントです。ですから、求人の募集要項では分からない会社の実態をチェックする能力に長けているのです。このメリットは外資系保険会社でも通用します。普段ではなかなか見え難い外資系会社の内部事情を事前にチェックして、間違いのない職場選びが可能になります。もちろん交渉力がありますから、レベルアップの転職が見込めるエージェントです。



DODAエージェントサービス 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
そして最後にDODAを挙げましょう。誰もが知る最大手の転職エージェントで、その安定した実績はとても頼りになります。完全能力主義の外資系保険会社では、如何に効果的な自己PRができるかが採用のポイントになります。その面で具体的なサポートをし、転職希望者のスキル・キャリアをもってしっかりと売り込んでくれますし、例え業界未経験者でも、能力があれば好条件の就職を交渉してくるアグレッシブなエージェントです。



外資系保険会社の求人を探すには?

最近は外資系保険会社への転職を希望する人が増えていますが、その背景には日本の終身雇用や年功序列などの制度が崩壊し始めていることが挙げられます。戦後の日本の経済成長を支えてきたこれらの雇用制度ですが、経済のグローバル化で世界の企業と戦うためには、日本独自の雇用制度が逆に足かせになってきたのです。40代や50代の中高年の世代がリストラの対象になっているのを目の辺りにして、20代や30代の若い世代が成果主義や能力主義の外資系企業へ転職するのも時流と言えます。

外資系企業の魅力は高い給与や年収だけでなく、年齢や性別に関係なく本人の能力で判断される点です。日本の企業には終身雇用はもはや存在しないかもしれませんが、年功序列はまだまだ多くの企業に存在しています。40代や50代の世代がリストラの対象になっているのも、実際の成果や能力の割りに給与や年収が高いからです。これはこれらの世代が年功序列の恩恵を受けているため、企業にしてみればコストパフォーマンスが悪いと感じているためです。

その点では外資系企業には年功序列などと言い考えがなく、若い世代でも実力があれば転職して短期間で重要なポストを任されたり、給与や年収が上がることも珍しくありません。さらに外資系企業には日本の企業のような会社への忠誠心を求めるようなことはなく、社内の人間関係もある意味でとてもドライな面があります。与えられた仕事やノルマをちゃんと果たせば、個人主義が発達している外資系企業では日本の企業のような人間関係を心配する必要はありません。

外資系保険会社も多少の違いがありますが成果主義や能力主義のところが多く、その存在感は日本の保険会社にとっても脅威なことは間違いありません。外資系保険会社は2001年までは日本国内では主に第三分野と呼ばれる、生命保険と損害保険の中間に位置する商品を中心に取り扱ってきました。しかし2001年に団体信用生命保険の銀行窓口販売が解禁されてために、外貨建てが可能な個人年金商品を取り扱う外資系保険会社が増えました。

さらに2000年に破綻した東邦生命や2001年に破綻した千代田生命や協栄生命保険を、外資系保険会社が買収するなどその資金力に日本の保険会社も警戒心を高めています。2014年は外資系保険会社の求人も活況を帯びていて、景気の好転を背景に中途採用には力を入れています。外資系保険会社への転職に興味がある方はこのサイトに掲載されている、リクルートエージェントなど上位の転職エージェントで探してみてはいかがでしょうか。

外資系保険会社の募集時期は?

安倍首相が経団連などの経済団体に要請して2016年から、大学生の就職活動の解禁時期を現在の3年生の12月を、3月からスタートさせることが決まりました。国内の場合は大学生の就職活動は普通は、インターンシップが夏にあり12月くらいから本番を迎えます。ただしこれは倫理憲章と呼ばれる経団連などの経済団体とそれぞれの大学とで、学生の就職活動に制約を取り決めているんですが外資系企業に関しては全く関係ありません。また楽天の三木谷社長が代表を務める新経連などは主にインターネット関連の企業が多く、外資系企業との人材獲得に遅れを取ると最初から懸念を示していました。

日本の場合は世界的にも珍しい新卒一括の採用制度を採用していて、そのためこの時期に企業からの内定を得られなければ既卒となります。既卒になれば学生とは違い、一転して就職活動が困難になります。既卒になることを恐れ極端な話ですが、どこれもいいから就職する学生も少なくなく、多くの第二新卒者を誕生させています。日系企業とは異なり外資系企業の場合は、独自の採用プランで大学生を採用しています。例えば保険会社・銀行・証券会社など日本国内にある金融関連の外資系企業では、大学3年生の6月にインターンシップの募集が始まり10月前後に内定がもらえます。

さらに外資系企業の場合は日系企業のようにエントリーシートでの選考の後に面接を行うのではなく、インターンシップやケーススタディなど独自の採用プランが準備されています。ケーススタディとは元々はアメリカのロースクールで開発された手法ですが、近年では企業が学生にあるテーマを与えそれに対する解決策を求める試験のようなものです。日系企業でもインターンシップの募集を行っているところはありますが、外資系企業の場合はインターンシップで内定がもらえるケースが殆どです。

外資系企業の中途採用の募集時期は基本的には通年で行われていますが、景気の影響を受けやすいのは日系企業と同じです。外資系保険会社の場合は2012年の政権交代後は業績も大幅に改善して、各社とも新卒だけでなく中途採用にも力を入れています。もし外資系保険会社への転職を考えている方はこのサイトに掲載されている、リクルートエージェントなど上位の転職エージェントに登録されることをお勧めします。転職エージェントの担当者が英文での履歴書の書き方から、英語での面接の対策まで全て無料で行ってくれます。

中には履歴書や面接がすべて日本語で行われている、外資系保険会社の求人もあるので気軽に担当者にお尋ねください。


Copyright (C) 2014-2018 外資系保険会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.